2017年 11月 の投稿一覧

エストコーポレーションへの新卒募集や転職について

医療・福祉の分野で成長を続けているエストコーポレーションは、新たな人材を転職募集しています。

とはいっても社員が足りないわけでなく、一緒に成長するためのスタッフを迎え入れて、企業としての力を蓄えていきたいというスタンスであることが伺えます。
求人情報をチェックしていくと、エストコーポレーションが欲する人材が見えてきます。

医療・福祉に関わるサービスはもちろん、世の中に必要とされるサービスの全てが事業の対象ですから、活躍できるポジションが見つかったときにはエントリーするべきタイミングとして考えられるでしょう。
ここでは、エストコーポレーションの求人から新たな人材に期待しているものを分析します。

ヤル気が高まる求人情報

エストコーポレーションの求人は、スペシャリスト限定のものではありません。
もちろん、IT関連の専門的知識・技術を有した人を募集している求人も存在します。
ほかの企業との差別化となっているのが、職種に限定しない求人が存在する点ではないでしょうか。

せっかく企業理念や業績に惹かれるものがあっても、自分が社員として入り込むことができる要素が無ければエントリーを諦めるしかありません。
でも、エストコーポレーションの求人は違います。
どんな職種でも大歓迎という求人が待っているため、仕事に対するヤル気があれば、それだけでも武器になります。

医療・福祉と繋がりを持った仕事をしたいという方にも、セールスで新たな事業を世間に広めたいという方にも、クリエイティブな仕事をしたいという方にも嬉しい情報が待っています。

働きやすさが溢れるユニークな発想も魅力的

エストコーポレーションはユニークな働き方ができる企業です。
医療・福祉関連の事業に加え、コスト削減や助成金コンサルティングといった幅広い事業を行っていることでもユニークですが、仕事のスタイルにもこだわりを持っています。
それは、社員が働きやすいと感じる環境作りを行うことで、より良いものづくりができると考えているからではないでしょうか。

目標を達成するための工夫が凝らされている経営戦略は、社員の仕事意識を高めてくれます。
家庭やプライベートを重視した働き方もできますし、仕事に没頭したいというモチベーションの方にも独自にチャレンジできる仕事を与えてくれるため、それぞれのペースで働けるのも特徴です。

表彰制度も用意されており、仕事の業績を残すという社員だけがもてはやされるのではなく、人間性を評価するものもあって、日頃の仕事に対する姿勢をきちんと周囲が評価してくれていることも感じられるでしょう。

仕事にストレスはつきものに思うかもしれませんが、そう思わないような環境作りを意識的に行っていることも、社員の満足度向上に繋がっています。

キャリアアップのための求人も充実

また、エストコーポレーションは新卒採用だけでなく、キャリアアップのためのポジションも用意されています。

入社からわずかな期間で役職に就くことができる求人もあります。
生活の質を高めるためには安定した収入が必要です。

エストコーポレーションは努力が収入にも波及するシステムを導入しているので、頑張った分だけ良いことがあります。
もちろん、仕事に縛られずにバランス良く働きたいという希望にも寄り添ってくれますから、自分らしく働けるのが特徴ではないでしょうか。

求人情報には企業が欲している人材のイメージがまとめられています。
自分が活躍できるかもしれないというインスピレーションを抱いたときには、キャリアアップのタイミングとして考えるのも良いでしょう。

エストコーポレーションってどんな会社?サービスなどまとめてみた

エストコーポレーションは、医療・福祉分野を中心に新たな未来を切り拓くソリューションを提案する会社です。

変革が著しい医療・福祉の問題を見出し、サービスの向上や効率化を図るだけでなく、高齢化社会に寄り添った解決策の検討・助言も行っています。

企業ごとの疾病リスク把握や自治体レベルでの相談にも対応。
助成金事業にも精通しているエストコーポレーションは、数多く存在する助成金を活用した企業・人材のサポートも多くの実績をあげています。

そんなエストコーポレーションの柱となるサービスの中から3つをピックアップしてまとめてみました。

疾病リスクを鑑みた健診ソリューション

エストコーポレーションは2008年に開始された特定健診電子化報告義務化に伴い、情報の電子化サポート業務を行っています。

日本人の死亡原因の6割にものぼる生活習慣病のリスクを調べるために、40歳から74歳までを対象としたものが特定健診です。

その結果を元に特定保健指導を行うわけですが、膨大なデータ処理から適切な対応を行うためには、その道に精通した技術が必要不可欠です。

そこで、エストコーポレーションは健診ソリューションのサービスを展開しています。
健診表のフォーマット作成からデータの分析、そこからの課題の洗い出しや解決策の提案といった、生活の質を高めるためのPDCAサイクルを考えます。

各医療機関だけでなく医師会や自治体からも要請があり、健康管理の質を高めるお手伝いを行っています。

高齢化社会に寄り添った自治体支援サービス

エストコーポレーションは高齢化社会の加速に自治体が対応できるよう、地域の状況を把握するためのサービスも展開しています。

二次予防事業対象者把握業務はアンケートの実施と分析を担い、介護必要度の検討にも役立てることができます。

これからのリスクを見越した介護予防教室事業は、健康運動士や栄養士といったスペシャリストが日常ですぐに使える知識・技術を指導することも行っています。

また、自治体の状況に合わせた介護保険事業計画策定の支援も行っており、これからの地域としての在り方を考え、高齢者にとって住みよい街づくりのお手伝いをしています。

企業経営・人材育成に役立つ助成金コンサルティング

医療や福祉の分野には、企業経営を支えるための助成金事業が存在します。
人材育成に活用することができるものもあり、エストコーポレーションでは社労士が徹底サポート。

それぞれに合った助成金のセレクトや、各種手続きの支援、資金の活用方法にまで丁寧にコンサルティングを行っています。
企業を成長させるには人材育成が必要不可欠です。
でも、そこに投じるだけの資金が潤沢になければ、現状に行き詰まって質の高いサービスの提供ができなくなってしまいます。

こうした負のスパイラルが企業に浸透してしまうと、働く社員はもちろん、サービスを利用する側にも悪影響が及びます。

そんな問題に陥らないようにするためにも、エストコーポレーションは有効活用できる助成金のリサーチを行い、企業経営の負担を軽減したり、社員の成長を支えるための資金運用をサポートしています。

エストコーポレーションを詳しく調べてみたサイト

助成金サポートを受けるにはどうしたらいいの?

会社の経営をしていると助成金についての話は頻繁に耳にします。
会社の運営の為、今後の発展の為にも助成金を申請して少しでも事業の為になることをと誰だって常に考え行動しているものです。
助成金を申請したいと考えた時に、まず条件を満たしているのかどうかについて悩みます。

助成金を受ける為の条件とは?

もちろん助成金を受けるためには国のお金ですのである一定の条件を満たしていることが必須になります。具体的な例を挙げるのであれば
「労働者名簿をそろえていること、管理していること」
「労働保険料を2年以上滞納していないこと」
など会社としては当たり前の話なんですよね。

逆にこれをクリアしていないとなるとその会社は問題ですし、そんな会社に経営者としてもしたくないと考えてしまいます。特に僕のように新しい企業で若くして社長になった人が増えている時代です。会社を設立するにも資本金の金額など関係なくして設立できるのです。とはいえ当社が助成金を受給できる可能性があるのはこれでわかりましたが、問題は次にどうしたらいいのか?ということでしょう。

エストコーポレーションで助成金のサポートが受けられる?

助成金の手続きについてインターネットで調べてみても種類が多すぎてよくわかりません。そんな時に助かるのが「エストコーポレーション」という会社です。なんでも助成金のサポートをしてくれる会社のようで専門の社労士さんを紹介してくれるなど、企業に取って嬉しいサービスが期待できる会社なのだとか。そもそも自分が調べた内容通りに助成金の申請ができるのかもわかりませんし、そもそも条件をクリアしているのかなど気になるポイントがたくさんあります。そんな時にエストコーポレーションのようにサポートしてくれるのは本当に有り難い話ですよね。

こちらのサイト、エストコーポレーション助成金を調べてみたも参考になります。

エストコーポレーションで助成金のサポートを受けるには?

エストコーポレーションに助成金のサポートを受けるにはどうしたらいいのか?
当社にはすごいタイミングでFAXが届いており、そのFAXをもとに電話で問い合わせをしました。FAXのなかには助成金について気になる内容がたくさんかかれていたので、質問したい内容などもまとめてから連絡するといいでしょう。とはいえFAXが届いていなくともエストコーポレーションに電話で問い合わせをすれば助成金のサポートを受けることができると聞き、もっと早く行動しておけば良かったなと後悔していることころです。
会社を良くしていくためにもエストコーポレーションのようなサービスは活用すべきです。