エストコーポレーションってどんな会社?サービスなどまとめてみた

エストコーポレーションは、医療・福祉分野を中心に新たな未来を切り拓くソリューションを提案する会社です。

変革が著しい医療・福祉の問題を見出し、サービスの向上や効率化を図るだけでなく、高齢化社会に寄り添った解決策の検討・助言も行っています。

企業ごとの疾病リスク把握や自治体レベルでの相談にも対応。
助成金事業にも精通しているエストコーポレーションは、数多く存在する助成金を活用した企業・人材のサポートも多くの実績をあげています。

そんなエストコーポレーションの柱となるサービスの中から3つをピックアップしてまとめてみました。

疾病リスクを鑑みた健診ソリューション

エストコーポレーションは2008年に開始された特定健診電子化報告義務化に伴い、情報の電子化サポート業務を行っています。

日本人の死亡原因の6割にものぼる生活習慣病のリスクを調べるために、40歳から74歳までを対象としたものが特定健診です。

その結果を元に特定保健指導を行うわけですが、膨大なデータ処理から適切な対応を行うためには、その道に精通した技術が必要不可欠です。

そこで、エストコーポレーションは健診ソリューションのサービスを展開しています。
健診表のフォーマット作成からデータの分析、そこからの課題の洗い出しや解決策の提案といった、生活の質を高めるためのPDCAサイクルを考えます。

各医療機関だけでなく医師会や自治体からも要請があり、健康管理の質を高めるお手伝いを行っています。

高齢化社会に寄り添った自治体支援サービス

エストコーポレーションは高齢化社会の加速に自治体が対応できるよう、地域の状況を把握するためのサービスも展開しています。

二次予防事業対象者把握業務はアンケートの実施と分析を担い、介護必要度の検討にも役立てることができます。

これからのリスクを見越した介護予防教室事業は、健康運動士や栄養士といったスペシャリストが日常ですぐに使える知識・技術を指導することも行っています。

また、自治体の状況に合わせた介護保険事業計画策定の支援も行っており、これからの地域としての在り方を考え、高齢者にとって住みよい街づくりのお手伝いをしています。

企業経営・人材育成に役立つ助成金コンサルティング

医療や福祉の分野には、企業経営を支えるための助成金事業が存在します。
人材育成に活用することができるものもあり、エストコーポレーションでは社労士が徹底サポート。

それぞれに合った助成金のセレクトや、各種手続きの支援、資金の活用方法にまで丁寧にコンサルティングを行っています。
企業を成長させるには人材育成が必要不可欠です。
でも、そこに投じるだけの資金が潤沢になければ、現状に行き詰まって質の高いサービスの提供ができなくなってしまいます。

こうした負のスパイラルが企業に浸透してしまうと、働く社員はもちろん、サービスを利用する側にも悪影響が及びます。

そんな問題に陥らないようにするためにも、エストコーポレーションは有効活用できる助成金のリサーチを行い、企業経営の負担を軽減したり、社員の成長を支えるための資金運用をサポートしています。

エストコーポレーションを詳しく調べてみたサイト

SNSでもご購読できます。